2019年上半期面白かった本3冊

普段上半期という単位で振り返ることはやらないが、試しにやってみる。 上半期はコミック合わせて178冊読んだらしい。読んで面白かった本を3冊ほど紹介してみる。

https://booklog.jp/users/gennei/chart/2019/total

流用アート論: 一九一二―二〇一一年

2018年末に鑑賞したマルセル・デュシャンの『泉』がなぜアートになるのかとても気になっていた。その解説本として読んだ。 ここ100年の現代アートの内容がわかりやすくまとめられておりとても読みやすくいい本であった。新品で買うのが難しく図書館で借りて読んだ。

解説者の流儀

今ではサッカーファンのなかで戸田和幸の解説はとても評判がよい。彼が選手のときサンフレッチェ広島でのプレーを見たときはそんなに頭のいい選手には見えていなかった。もちろん自分の見る目がなかっただけだが。
彼が引退した後解説者になるためになにをしたのかを書いた本。1試合解説するための各チームの前3試合を見るとか、ピックアップするシーンは得点シーンではなく、試合のキーとなるプレイを選ぶようにしているなどとても勉強になった。真似してみようと思ったが、普段仕事しながら別の趣味があり、その中で3試合見るのはとても難しいことだとわかった。

タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源

タコの心身問題。最初はタコは痛みを感じるぐらい賢いので食べてはいけないという話をしている本なのかなと思っていたがそんなことはなかった。
タコには心が複数あるという本だった。原題は『other minds』なので複数の心があるという本。複数の心があるということはどういうことか。人間であれば手足が勝手に動くということであるというような話がのっていた。タコの生態系はとても興味深い。


そのほかにも「ゲームの企画書」シリーズや、再読した『エンジニアリング組織論への招待』、読書会で読んだ村上春樹『風の歌を聴け』、オースティン『高慢と偏見』、フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』などいい本がたくさん読めた上半期だった。

book 

コーヒー・ハウス - コーヒー Advent Calendar 2018 18日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 18日目の記事です

昨日の記事に引き続きコーヒーの歴史についての本。

コーヒー・ハウス

内容紹介

十七世紀半ばから一世紀余にわたり繁栄を見せた欧州カフェ文化の先駆、コーヒー・ハウス。そこは政治議論や経済活動の拠点であると同時に、文学者たちが集い、ジャーナリズムを育んだ場として英国に多大な影響を与えた、社会の情報基地でもあった。近代都市・ロンドンを舞台にした、胡乱で活力にみちた人間模様と、市民の日常生活を活写する。

from openBD

一言コメント

イギリスと言えば紅茶のイメージがあるが、意外にもコーヒーが飲まれていた。また、コーヒーハウスはお金を払えばだれでもはいることができそこで政治の話をする社交場としての機能をなしていた。そんなコーヒーハウスについての解説書である。コーヒーの味や香りの楽しみではなく社交、ジャーナリズムの視点から語る本は多くはないので珍しい本である。

coffee 

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 - コーヒー Advent Calendar 2018 17日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 17日目の記事です。

今日紹介する本はコーヒーが近代社会においてどのような位置にあったかを説明する本。

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液

内容紹介

東アフリカ原産の豆を原料とし、イスラームの宗教的観念を背景に誕生したコーヒーは、近東にコーヒーの家を作り出す。ロンドンに渡りコーヒー・ハウスとなって近代市民社会の諸制度を準備し、パリではフランス革命に立ち合あい、「自由・平等・博愛」を謳い上げる。その一方、植民地での搾取と人種差別にかかわり、のちにドイツで市民社会の鬼っ子ファシズムを生むに至る。コーヒーという商品の歴史を、現代文明のひとつの寓話として叙述する。

from openBD

一言コメント

今では世界中で栽培がされ、コーヒーが飲用される。そのコーヒーがどこからどのように運ばれて、市民社会に埋め込まれたかを解説する。主にフランス、ドイツ、イギリスでのコーヒーについて解説がなされている。コーヒーの歴史の本はほぼ明るい話題が多い中でこの本ではコーヒーの暗い部分にも焦点を当てている珍しい本。

coffee 

コーヒーピープル - コーヒー Advent Calendar 2018 16日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 16日目の記事です

コーヒーピープル 一杯のコーヒーに人生を注ぐ、十四人のトップランナーたち

内容紹介

コーヒー豆の畑にまでこだわるカフェ。コーヒーと食べ物とのマッチングを売りにしたカフェ。カフェラテの世界選手権チャンピオンのカフェ。コーヒーをワインのように楽しむ人がどんどん増えています。その流れを牽引する12人のコーヒーピープルの哲学、ライフスタイル、コーヒー技術を余すところ無く紹介します。カフェ経営、バリスタ、焙煎家、移動スタンド経営などかかわり方はさまざまですが、コーヒーへの熱い思いはみな同じ。コーヒー好きの方にもそうでない方でも彼らの生き方は胸をうつものがあるはずです。

from メディアファクトリー

一言コメント

14人のコーヒーピープルに取材をした本。コーヒーを淹れる人がピックアップされることは少ない。この本が刊行された当時はまだ大きく取り上げられることがなかったような人たちが取り上げられており、新しいシーンを作るであろう期待が込めているように見える(そして、実際にシーンを作っているように思える)。今から見ると少し古い本になってしまっているが、読む価値は十分にあるだろう。

coffee 

ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー コーヒー Advent Calendar 2018 15日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 15日目の記事です

ブルーボトルコーヒーのフィロソフィー

内容紹介

日本の喫茶店文化にインスパイアされた“サードウェーブコーヒー”の最高峰、
「ブルーボトルコーヒー」オフィシャルBOOK日本版、待望の刊行!
ブルーボトルの歴史から、コーヒー豆の選定、焙煎の仕方、淹れ方、道具の選び方などを丁寧に解説、
コーヒーにあうフードのレシピまで網羅したオフィシャルガイド。
美しい写真と大判の高級感あふれる造本は、お店やリビングのインテリアとしても最高!の永久保存版。
カフェ、喫茶店、焙煎店関係者、そしてすべてのコーヒーファン必携の書!

from ワニブックス

一言コメント

1冊3600円するので少し高いが、コーヒーについて、コーヒーの淹れ方、フードペアリングについて書かれており、これ1冊持っておけば困らない。また、サードウェーブコーヒーのブルーボトルコーヒーの歴史についても知れるのでとてもお得?

coffee 

珈琲屋 - コーヒー Advent Calendar 2018 14日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 14日目の記事です

昨日紹介した本は日本の珈琲界の大御所という感じだったが、今回も同様に大御所の対談本。

珈琲屋

著者 : 大坊勝次
新潮社
発売日 : 2018-05-31

内容紹介

「焙煎とネルドリップの名人」「コーヒー」を究めたふたりの珠玉の対談集。東京・表参道の『大坊珈琲店』と福岡・赤坂の『珈琲美美』――国内外で尊敬を集める、同い年で親友のふたり。この東西両雄の対談を「再現」する。豆をどう扱うか。この一杯を淹れる意味は。店には何が必要か? 美術、音楽、訪れるお客さんたち、そして、「生きる」とは。珈琲という共通語でつながるすべての人に贈る。

from openBD

一言コメント

表参道で長らく珈琲屋をやっていた、大坊さんと、福岡の珈琲美美のマスターの対談本。大坊珈琲店を知ったときにはお店はもうすでに閉店していたため行くことはできなかったので本や、話でしか聞いたことがない人だ。二人の対談を読んでいるとお互いに私の「コーヒー観」はこうだということを喋っており、長らく珈琲屋をやっているからこそ話せることなのかなと思って読んだ。

coffee 

コーヒーに憑かれた男たち - Coffee Advent Calendar 2018 13日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 13日目の記事です

コーヒー屋を紹介している流れなので、今回もコーヒー屋の人を紹介している本を。1冊で複数の店舗のマスターを紹介している。

コーヒーに憑かれた男たち

内容紹介

現役最高齢・ランブルの関口、業界一の論客・バッハの田口、求道者・もかの標。コーヒーに人生を捧げた自家焙煎のカリスマがカップに注ぐ夢と情熱。

from 中央公論新社

一言コメント

ランブル、バッハ、もか、と日本の喫茶店でとても有名なお店のマスターについての本。自分はどのお店も行ったことないのでいつかは行ってみたい。

coffee 

外から眺めていたしがないラジオ #しがないラジオ

この記事は #しがないラジオ 2 Advent Calendar 2018 の13日目の記事です。

↑ のツイートの後のツイートが ↓

しがないラジオのアドベントカレンダーの言い出しっぺの人です。昨年は何を書こうか考えていたら埋まっていたので書かなかったのですが、先日の #しがないラジオmeetup 2 でパーソナリティから書きましょうと言われたので書きます!

しがないラジオを知ったきっかけ

しがないラジオアンバサダーである @tbpqrさんがツイートしていたのがきっかけ。SIの会社からWeb系のサービスに転職したという話をしていて、自分と似た境遇の人がいるんだなあと思って興味を持って聞き始めた。そしたら似た境遇の人がどんどんゲスト出演しており世の中には同じような悩みを持っている人がたくさんいるんだなあと楽しく聞いていた。

しがないラジオコミュニティの規模が1年で約8倍に

パーソナリティのお二人とお会いしたのは しがないラジオ忘年会 が初めてでした。

このときは ep.29 楽しいしがないラジオ忘年会の 公開収録兼、meetupでした。参加者を見ると10人+ドイツからのリモート参加でした。
この meetup は人数が少ないこともあり、各々の転職の話をしたり、全員でキャリアについてのディスカッションをしたりととても楽しい会でした。

そして、先日 #しがないラジオmeetup 2 に行ってみると80人ぐらいの参加者に囲まれているパーソナリティの姿が!

パーソナリティの二人を見ていて 

最初の頃はフィードバックが少なく再生数も伸び悩んでいたようだが、とにかく継続して外部のコミュニティでLTなどの発表をしたときに宣伝することで拡散されていくのを見ていた。小さな積み重ねを継続したことによって上手に周りに人を巻き込み、現在のコミュニティのサイズになったり、多くの人との繋がりができたんだなあと思ったりした。特に @zuckey_17 さんは自分から話に行くのが苦手だと周りからいじられたりしていたが、#しがないラジオmeetup 2 では積極的に話しかけに行くようになっていて、人って変われるんだなあと思わされました。

@jumpei_ikegamiさん, @zuckey_17さん のいいバランスで podcast が続いているので今後もいろいろなゲストを呼んでたくさんのエンジニアの話を聞ければいいなと思っています。


おまけ

ラジオのタイトルは『僕は友達が少ない』のインスパイアでアニラジ聞いていそうなのでアニラジの話をしてみたい。

私はコーヒーで世界を変えることにした - コーヒーアドベントカレンダー2018 11日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 11日目の記事です

私はコーヒーで世界を変えることにした

9日目10日目で紹介した本は人生においてあるタイミングでコーヒーに出会った人である。今回紹介する本は生まれ持ってコーヒーで生きていくことが決まっていたような人だ。

内容紹介

*********************

18歳で単身、中米エルサルバドルに渡り
国立コーヒー研究所に入所。
エルサルバドルの内戦で多くの知人を失ったり、
グアテマラでは大地震、ジャマイカではハリケーンに
巻き込まれながらも世界各地でコーヒー栽培に携わり、
「コーヒーハンター」と称賛される。

「著者がJALのコーヒーをプロデュースして
機内で飲める世界一のコーヒーになり売り上げもあがった」など
世界の政治経済と深く関係するコーヒーと
波乱万丈の半生を通して、
夢をかたちにすることの素晴らしさを問う。

美味しくて持続可能なコーヒーが
環境問題や貧困問題までも変える
大きなきっかけになる!

*************************

(プロローグより)

私が「コーヒー屋になる」と
決めたのは小学生のとき。
子どものころからずっと、
コーヒーの生産国にあこがれていた。
そして、その夢を叶えるため、
十八歳で単身中米のエルサルバドルへ留学した。

座右の銘は、
「何人かが、当然それを為すべき筈である。
それなら、自分が何ゆえ為さずに済むものか」
すごい生産者がいる、
すごいコーヒーがあると聞けば、
どこへでも飛んでいく。
たとえ、それが中南米の密林の奥地であろうと、
アフリカの高地であろうと、
アラブの荒野であろうと……。
おいしいコーヒーがあるところを目指して、
ただひたすら突き進む。

いつのころからか、
私は「コーヒーハンター」と呼ばれるようになった。
「コーヒーのために私ができることはすべてやる」
私は、それを実践して生きている。
子どものころからやりたかったことが、
こうして私の一生の仕事になった。

一言コメント

著者である、川島良彰はコーヒー焙煎卸業に生まれる。高校卒業後コーヒーの勉強をするためにエル・サルバドルへ。エル・サルバドルではコーヒーの研究所に入所しコーヒーについての研究に従事する。この経歴を見ると生まれたときからコーヒーが身の回りに存在しコーヒーに興味を持てばいくらでものめり込める環境であった。
ただこのコーヒーを読んでいて思ったのは、コーヒーをよりよく育てて、コーヒーを飲む人の口に運ばれるまでをとことん考えている。そしてコーヒーはもっと価値のあるものであるということを伝える努力をしている人である。実際にGINZA SIXにオープンした、GRAND CRU CAFÉ GINZA では、ワインのようにボトルでコーヒー豆を販売し、1本1万円から10万円もする。しかもボトルのキープは2週間しか保存できない。このようなお店を作ることはなかなか難しいと思っていた。しかし、自らコーヒー農園でコーヒーの木を育て、運送手段から豆の保存方法まで考え続けたからできたことであろう。本当に「コーヒーで世界が変えた」人である。

coffee 

たった一杯で、 幸せになる珈琲 - コーヒーアドベントカレンダー2018 10日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 10日目の記事です

9日目では BEAR POND ESPRESSO のオーナーの半生を書いた本を紹介した。

たった一杯で、 幸せになる珈琲 10時間でマスター! 猿田彦珈琲の家コーヒー入門

内容紹介

「たった一杯で、幸せになるコーヒー」というモットーを掲げ、わずか9坪弱の店を東京・恵比寿にオープンしたのは2011年でした。
そしていま、スペシャルティコーヒーの世界で革命を起こしているのが「猿田彦珈琲」です。
代表である大塚朝之が実現している世界はストイックなだけでも、マニアックなだけでもありません。なによりも「楽しい」コーヒーです。
ここではお家でコーヒーを淹れる「幸せ」を、特に初心者の方に向けて伝授しています。初めてならペーパードリップ…この基本の抽出法だけでも初級、中級、上級、さらに番外編と4つの手法を紹介しています。
そのほか「さまざまな器具での抽出法」「門外不出のアレンジドリンクレシピ」「コーヒーの座学」などなど、全10時間の授業形式で、世界最先端のコーヒーの新常識をお伝えします。
また、大塚朝之の盟友、TETSUYAさん(EXILE)との、家コーヒーの喜びを語りつくした対談も必読です。

一言コメント

今回は猿田彦珈琲を作った大塚さんの本。大塚さんはもともと役者であり、コーヒーとは関係がなかった人。しかしひょんなきっかけからコーヒーとの縁があり、コーヒー屋を開いた。今では猿田彦珈琲はとても有名なお店になり、テレビCMに出演したりしている。人生どこで変わるかわからない。
そのような人がコーヒーの淹れ方を0から丁寧に教えてくれる本である。コーヒーのドリップの知識もさることながらコーヒー豆や猿田彦珈琲以外のお店の紹介などありこれ一冊でコーヒーについて学ぶことができる本です。

coffee