カフェと日本人 - コーヒーアドベントカレンダー2018 6日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 6日目の記事です

カフェと日本人

内容紹介

大正・昭和の「カフェー」とAKB48の類似点って?
なぜ名古屋人は喫茶好き?
210年前にコーヒーを飲んだ「人気文化人」といえば?
100年以上続く国内最古の喫茶店はどこ?
「音楽系喫茶」と「特殊喫茶」がたどった経緯とは?
「カフェラテ」と「カフェオレ」の違いは?
あなたにとって「カフェの存在」とは?
--------------------------------------------------
日本初の喫茶店から、欲望に応えてきた特殊喫茶、スタバ、
いま話題の「サードウェーブ」までの変遷をたどった、日本のカフェ文化論。
--------------------------------------------------
【おもな内容】
第1章 カフェの誕生
「日本初」の喫茶店はビリヤードつき/100年以上続く現存最古の喫茶店/戦後に庶民化した「ハイカラな味」/「昭和の喫茶店」と「平成のカフェ」 ほか
第2章 日本独自の進化を遂げたカフェ・喫茶店
文壇バーならぬ文壇カフェ/「談話室滝沢」があった時代/菊池寛も愛用した文化人のサロン/名曲喫茶・シャンソン喫茶・ジャズ喫茶・歌声喫茶・ゴーゴー喫茶/美人喫茶からメイドカフェへ/西からやってきた「ノーパン喫茶」 ほか
第3章 なぜ名古屋人は喫茶好きなのか
始まりは尾張徳川藩の振興策/昭和30~40年代から続く人気店/「一宮モーニング」と「豊橋モーニング」 ほか
第4章 カフェ好きが集まる聖地
シングルオリジンの味わい深さを追求する「バルミュゼット」(仙台)/コロンビアに直営農園を持つ個人店「サザコーヒー」(ひたちなか)/川端康成や池波正太郎に愛された「アンジェラス」(浅草)/ジョン・レノンや柴田錬三郎も利用した「ミカドコーヒー」(軽井沢)/「ご近所のコーヒー店」から進化した「カフェタナカ」(名古屋)/日本有数の温泉地にある「ティールーム・二コル」と飲食専門誌『カフェ&レストラン』編集長が絶賛した「茶房 天井棧敷」(由布院)
第5章 「うちカフェ」という見えざる市場
定着した「コンビニコーヒー」は多様化へ/「無糖」や「健康」を打ち出す缶コーヒー/「サードウェーブは「昭和の喫茶店」そのものだ ほか

from openBD

一言コメント

日本における喫茶店の歴史から最近のサードウェーブまでの変遷をまとめた本。
現代において街を歩けば、スターバックスコーヒー、ドトール、タリーズなどコーヒーショップはたくさんある。そしてこの5年でサードウェーブコーヒーと言われる流行の波にのってブルーボトルコーヒーが日本にやってきた。しかしこのブルーボトルコーヒーは日本の喫茶店文化にとても影響を受けている。ブルーボトルコーヒーの創業者、James Freeman は来日したときに日本の喫茶店を訪れている。そこで見た1杯づつ丁寧にドリップする光景を目にして自分のショップに取り入れた。
ではこの日本の喫茶店文化とはどのようなものなのか、それを掘り下げるためにはこの本はちょうどよい。日本の喫茶店文化を理解することで昨今のコーヒーブームの理解が深まるだろう。

coffee 

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか - コーヒーアドベントカレンダー 2018 5日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 5日目の記事です

これまではコーヒーの科学、歴史、そして家庭で楽しむための本を紹介した。本日は昨今のコンビニコーヒーブームについての解説本を紹介する。

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか

内容紹介

世界的な「コーヒーハンター」が説く
コーヒーの最新事情と奥深き世界!

コンビニコーヒーと
高級ホテルや高級レストランのコーヒーでは、
なぜ約10倍もの価格差が生まれるのか。

そこに日本のコーヒー業界が長年抱える
大きな課題があった。

コーヒーを取り巻く世界の状況から
日本独特の「コーヒー進化」、
そしてコーヒーの美味しい淹れ方まで、
その魅力をまるごと一冊に!

(はじめにより)

世界中に、日本ほど抽出方法が豊富な市場は
見たことがありません。

10年ほど前、アメリカのコーヒー関係者に
サイフォンでコーヒーを抽出して見せたところ、
これは科学だと驚いていたほどです。

アメリカで人気のサードウェーブですが、
それはまだまだ大都市に限定されています。
日本のように、各地で本格的な
サイフォンやネルドリップの専門店が
あるのとはわけが違います。

他方、日本でもいくつかの
大きな波がありました。

まずは、ファーストウェーブ。
これは、1950年代に戦中から止まっていた
コーヒーの輸入が再開され、
日本のコーヒー市場が活性化した1960年代。

そして、1970年代から始まった
喫茶店ブームがセカンドウェーブ。
こだわりのコーヒーを淹れるマスターがいる
コーヒー専門店が日本の随所に見られました。

しかし、バブルによる家賃高騰で
喫茶店文化は終焉を迎え、
取って代わったのが1990年代のチェーン店の展開と
シアトル系の日本上陸、そして自家焙煎ブーム。
これが、日本のサードウェーブです。

そして、ここ数年、活況を呈しているのが、
コンビニコーヒーです。
これがフォースウェーブと
言えるのではないでしょうか。

今、コンビニコーヒーは、
日本のコーヒーのトレンドを読む上で、
見逃せない存在になっています。

こうして、コーヒーがより身近になり、
コーヒーを飲む人が増えるのは実に嬉しいことです。
しかし、まだまだ本当のコーヒーの
おいしさが伝わっているとは言いかねます。
原料の重要さ、正しい豆の選び方、
抽出方法が広く伝わっていないとも感じています。

本書では、日本のコーヒーの現状と
どのように変わっているのかを
述べていきます。

from openBD

一言コメント

世界的な「コーヒーハンター」がコーヒーの最新事情を説く一冊。
著者の川島良彰氏はエルサルバドルの大学に留学し、エルサルバドル国立コーヒー研究所に入所。その後UCCに入社し、ジャマイカやインドネシアなどでコーヒー農園の開発を行った日本人です。
その川島良彰氏が、昨今話題になっているコンビニコーヒーを解説する。なぜ100円でおいしいコーヒーが提供できるのか。どうしてホテルのコーヒーは1000円もするのにコンビニコーヒーよりもおいしくないのか。おいしいコーヒーはどのようにして栽培され、私達消費者の手元に届くのか。そんな疑問に応える一冊となっています。

coffee 

珈琲完全バイブル - コーヒーアドベントカレンダー2018 4日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 4日目の記事です

コーヒーの科学、歴史、漫画でわかるコーヒーとすでにバラエティ豊かになっているので今回はわりと王道な本を

珈琲完全バイブル

内容紹介

美味しい珈琲の淹れ方から、豆の種類ごとの味わいやフレーバーをくわしく解説!日本人初のバリスタ世界チャンピオンを生んだ丸山珈琲が監修!

from openBD

一言コメント

日本のコーヒー業界で有名な丸山健太郎さん監修の本。1日目で紹介した『コーヒーの科学』はよい本ではなるが、テキストがとても多く読むのが大変という人にはこの本がおすすめ。全ページカラーでコーヒーについて知るべき情報が横断的にまとまっている。コーヒーに興味持ち始めたからいろいろ知りたいんだけどという人はぜひこの本がおすすめ。
また、この本の内容としてちょっと変わっているのが、フードペアリングの章がある。多くの本ではコーヒーの淹れ方、コーヒーの豆の生産地、器具の紹介がメインになっているのだが、この本ではコーヒーとどのような食べ物が合うかという章があるので一読すべし。

coffee 

ぼくはコーヒーがのめない - コーヒーアドベントカレンダー2018 3日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 3日目の記事です

もうすでに3冊目にして何を紹介しようから迷ってしまう。

僕はコーヒーがのめない

内容紹介

本当においしいコーヒーに出会えます! コーヒーが飲めないという飲料会社の若手営業の花山。そして、花山の上司の加賀谷。二人が中心となってサードウェーブコーヒーのプロジェクトが始動します。しかし、花山には同僚にも言ってない秘密があったのです… 最高級のコーヒーは「赤いダイヤ」とさえ呼ばれ、100g1万円を超える極上のコーヒーすら存在します。 社内、社外のライバルや、よき仲間と出会いながら、コーヒーをめぐる珠玉のグルメ&サクセスストーリーが幕を開けます
【編集担当からのおすすめ情報】 
ゲイシャ、パカマラといった人気のスペシャルティコーヒーや、シングルオリジンやサードウェーブコーヒーの流れ、かたやカフェラテとカフェオレの違いまで、この漫画を読めば分かります。 そして主人公の花山と加賀谷、二人のきずなにも注目してください。

from openBD

一言コメント

すでに連載が終了している漫画。読み始めた頃はまだ3巻ぐらいまでしか出ていなかったかな?
1日目2日目 で紹介した内容を漫画というメディアで読める本。最近よく耳にする サードウェーブコーヒーってなに?そもそもコーヒーってどのように作られるの?おいしいコーヒーってなに?というようなことが漫画で読める!
主人公は引っ込み思案なキャラクタであるが、会社のプロジェクトを持ち、中心になってものごとを動かしていく話にもなっており主人公の成長物語としても読める漫画になっている。

coffee 

珈琲の世界史 - コーヒーアドベントカレンダー2018 2日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 2日目の記事です

珈琲の世界史 

内容紹介

ヒトが何かを食べるとき、その食べ物に込められた「物語」も一緒に味わっている――そんなセリフを聞いたことはないでしょうか。
 コーヒーはまさにその最たる例です。カップ一杯のコーヒーの中には、芳醇なロマンに満ちた「物語」の数々が溶け込んでいます。その液体を口にするとき、私たちはその中の「物語」も同時に味わっているのです。コーヒーの歴史を知ることは、その「物語」を読み解くことに他なりません。歴史のロマンを玩味するにせよ、知識欲の渇きを潤すにせよ、深く知れば知るほどに、その味わいもまた深まるというもの。一杯のコーヒーに潜んだその歴史を、この本で一緒に辿ってみましょう。
  先史時代から今現在に至るまで、コーヒーが辿った歴史を、起源に関する最新仮説なども交えながら、できるだけわかりやすく本書にまとめました。近年話題の「スペシャルティ」「サードウェーブ」「純喫茶」なども、じつは混乱の多い言葉なのですが、それぞれの歴史をきちんと知れば、「なるほど、そうだったのか!」と目からウロコが落ちて、すっきり理解できることでしょう。
 「イギリス近代化の陰にコーヒーあり」「フランス革命の陰にもコーヒーあり?!」「世界のコーヒーをナポレオンが変えた?」「コーヒーで成り上がった億万長者たち」「東西冷戦とコーヒーの意外な関係」……などなど、学校で歴史の時間に習ったいろんな出来事が、じつは意外なかたちでコーヒーとつながっていることに、きっと驚かされるでしょう。 ――「はじめに」より、一部抜粋 
<目次>  
序章 コーヒーの基礎知識  
1章 コーヒー前史  
2章 コーヒーはじまりの物語  
3章 イスラーム世界からヨーロッパへ  
4章 コーヒーハウスとカフェの時代  
5章 コーヒーノキ、世界にはばたく  
6章 コーヒーブームはナポレオンが生んだ?  
7章 19世紀の生産事情あれこれ  
8章 黄金時代の終わり  
9章 コーヒーの日本史
10章 スペシャルティコーヒーをめぐって  
終章 コーヒー新世紀の到来

from openbd

一言コメント

1日目 で紹介した本の歴史編。『コーヒーの科学』 を書いた際に歴史編が長くなりすぎたため一部の原稿を削ったそうだ。その削ったものをもとに1冊の本になった。タイトルの「珈琲」と「コーヒー」の表記揺れが気になるがなんでだろう。
コーヒーの歴史本もたくさんあるが、この本はいくつもの本を紹介しながらそのまとめのようにも読める。諸説あるものをちゃんと紹介しながら書かれているのもとてもよい。また、日本においてコーヒーがどのように飲まれてきたか、そして昨今のサードウェーブコーヒーブームとの関連性も紹介されており、それが新書でまとまっているというのはとてもありがたい。

coffee 

コーヒーの科学 - コーヒーアドベントカレンダー 2018 1日目

この記事は コーヒー Advent Calendar 2018 の 1日目の記事です

今年は参加者が少ないので全部埋めるのは難しそう。

仕方ないのでこれまで読んできたコーヒー本の紹介をしようと思います。

コーヒーの科学

内容紹介

今では、我々の生活に欠かすことのできない嗜好品となったコーヒー。 その独特の香味はどのように生まれるのだろうか。 自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を、科学の視点で徹底分析。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくる。 科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る!

from openbd

一言コメント

非常にコーヒーの歴史から、抽出の際の化学反応まで詳しく書かれたコーヒーの本。おそらく日本語で出版されている本のなかで、科学的視点から書かれている本では今の所一番詳しいのでは。コーヒーについて詳しく知りたい人には一番の本だと思っている。

coffee 

.coffee ドメインを取得した

gennei.coffee ドメインを取得した。前から気になっていた .coffee ドメイン。 取得したはいいが使い道がないので、github pages で公開しているこのブログに当てた。

その結果、https 対応しないといけなくなり手間が増えた。検索すると cloudflare の無料プランで https対応ができるとのこと。 導入してみたら問題なく https になった。

ドメイン取得からDNSの設定、https対応の勉強だと思えば安かったのかな。

関連サイト

coffee  blog  tech 

『21世紀のブランドを創る 「星乃珈琲店」誕生物語』を読んだ

『21世紀のブランドを創る「星乃珈琲店」誕生物語』を読んだ

あらすじ

だから、私は「星乃珈琲店」を立ち上げた。創業から35年目にして初めて対前年比100%を切った。翌月には85.5%まで落ち込んだ。私は逆転の発想、新たな可能性に思い当たった。準備されたシナリオどおりに事を進めたのではなく、どのように風を読んできたか、いかに市場に聞きながら、微調整をしてきたかの物語。

openbdより

感想

ある時期から新宿でとても目につくなあと思っていたがあっという間に100店舗超えていた。現在新宿だけで4店舗もあった。どのようにして星乃珈琲店の店舗を展開していたのか以前から疑問があったのでこの本を読んだ。 日本レストランシステムは多くのブランドを手がけている。

主なブランド

  • 洋麺屋五右衛門
  • OSLO COFFEE
  • 卵と私
  • 安心・安全・健康 さんるーむ
  • 牛たん焼き 仙台辺見
  • etc…

ブランド紹介 | 日本レストランシステム株式会社より

日レスは不景気のときに土地を買い、そこに自社グループの店舗を出店している。そのため、大きな赤字を出している店は閉店し、別の業態のお店を出店することができる。星乃珈琲店は赤字で困っているお店の代わりに出店していた。失敗しても、もともと赤字のため大きな損失ではないようだ。出店のためのコストは掛かっているだろうがリスクをとらないと新しい利益を得ることができないからだろう。

星乃珈琲店はコーヒーの味を大事にするブランド、コーヒーファーストのブランドだと書かれていて、その味をどのように決めるのかとても疑問に思ったが、会長の大林氏の好みで決めたようだ。コーヒーは嗜好品であり、最大公約数を狙っても仕方がないという理由だ。大事な決定をトップが独断で決めれるのはとても大きなことだなあと思った。

あと、借地借家法のこと全然知らなかったので面白かった。法改正があり、貸し手が強くなった。定期借家での契約になり契約が満了した場合は更新するかどうかは貸し手側が決めることができる。そうなると、内装にコストをかけて長期でお店を開けたくても開けれない。また、契約が切れるときには原状復帰を求められるので飲食店は向かないとのこと。

このような知識はなかったので今後ショッピングモールの飲食店の見方が変わりそうだ。 思い出してみると、ショッピングモールにドトールコーヒーが入っているのを見ないようなきがする。コーヒーショップの多くはスターバックスとタリーズコーヒーだ。また、ドトールの客層が違うからというのもあるのかもしれない。

星乃珈琲店のメニューはかなりの頻度で入れ替わっているのも面白かった。新店舗をオープンするときに新しいメニューを試し反響が良ければ他の店舗に展開する。また、同じグループのレストランのノウハウがあるため一からメニューを考えなくても上手に作るノウハウがあるところも面白い。小さく試して大きく展開するのはどの業界でも通じるのだと思った。

星乃珈琲店のスフレパンケーキを久しぶりに食べたくなった。

関連リンク

coffee  book 

2017年 買ったコーヒーグッズ

コーヒー Advent Calendar 2017 4日目の記事です。

昨年の記事はこちら

2016年に買ったコーヒーグッズ

今年もコーヒー器具を買い足した。

ビアレッティ

エスプレッソ系の飲み物を自宅で淹れることができないので買ってみた。カフェラテを作ろうと思うとミルクウォーマーが必要なのでカフェオレとして飲むのにちょうどいい。夏にはトニックウォーターで割った エスプレッソトニック を作るのにも重宝した。

エアロプレス

気にはなっていたが手を出していなかった器具の1つ。未だに上手に淹れるのができないので、ハンドドリップをしていることが多い。

水出し

夏になるとアイスコーヒーが飲みたくなるので今年はアイスコーヒーも作ってみた。コーヒー豆を挽いて冷蔵庫で半日放置しておけば飲めるようになる。牛乳を買ってきてアイスミルクコーヒーとして飲んでも美味しかった。

エスプレッソマシン

なんだかんだエスプレッソマシンを触りたい欲求と、カフェラテを作りたい欲求が出てきたので買った。まだまだ上手に淹れることができないがいじれる箇所が多いので楽しめている。

ミルクジャグ

ヨドバシカメラで売っていてこれだけ黒色なので気に入って買った。

ショットグラス

エスプレッソのショットをいれておくもの。2つほど買ってエスプレッソマシンと合わせて使っている。

来年はなにを買って挑戦しようかな。

coffee 

エスプレッソマシン買った

デロンギ エスプレッソマシン EC152Jを買った

エスプレッソマシンは10万円ぐらいするだろうと思っていたが、1万円以下で買えると知ったので試しに買ってみた。いろいろと器具は持っているが、エスプレッソマシンマシンとミルクウォーマーは持っていなかったのでこの1台でできることがかなり増えた。

エスプレッソだったり、ラテだったり練習しているがなかなかうまくいかない。もう少し参考にできそうなところで観察して上達したい。

coffee